娘は高校3年の受験生です。第一志望は本当に今の成績では無理だと言われる位の大学です。

もともと国語が得意で数学が苦手! 文系にしたらという言葉をはねのけて理系に進みました。

やはり数学が難しく、得意な国語を生かせる文系に変えました。

そんな娘を担任の先生は面談で、模試の結果を見ながら、「この部分をもう少し点を上げれるように。そうすればかなり点数も伸びてくるよ

志望校の大学も現実味帯びてくるよ。先生はあなたがこの大学に合格する事しか考えてないからね」と言ってくれました。

私も娘もここまで先生に言ってもらえるとは思わなかったので、本当に嬉しかったです。

そして娘のモチベーションも上がってきて、実力テストではなかなか点が伸びなかった英語が今回の実力テストではすごく伸びました。

この時期の先生の言葉一つで子供のモチベーションも上がったり下がったりするものだと思いました。

このまま頑張ってほしいなと娘を応援しています。
全身を脱毛したらお肌ツルツル

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする