今年のパ・リーグの優勝争いは誰も信じられなかった逆転劇で終わろうとしていると言う。
6月まではソフトバンクの独走状態になっていましたが前半戦が終わる頃にあるチームが迫っていた。

それが北海道日本ハムだと言うがソフトバンクが次第に連敗が多くなって決まして失速した。
この連敗をしている時には日本ハムが追いかけてきたと言う事になり8月にはゲーム差が縮まったと言う。

そして、勝負の月となった今月は最初にソフトバンクにマジックが点灯はしたが負けて日本ハムも引き分けた事で一度は消えたと言う。
その後はマジック点灯直前に負ける事が多かったが先週行われた最後の首位攻防戦では日本ハムが1勝1分けでマジック点灯して昨日を迎えた。

昨日は日本ハムが負けてソフトバンクが勝って優勝は決められなかった。
今日は決めてパ・リーグ版のメイクドラマを完結する事になっているので期待があると思っているかも知れない言うのです。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする